若づくり

久しぶりに、実家で夜ごはんを食べました。

居間に『週間女性』が転がってて、

手にとって読んでると、

ばーちゃんが

「もうそれ、読んだから、あんた持って帰ってええよ」

と言うので、遠慮なく持って帰りました。



なかなかおもしろい記事があった^^



『「イタ~イ」と思わせない若づくりはこうなさ~い』

内容は<40代の若づくりについて>です。
f0108049_2295379.jpg

若づくり失敗例は こんな人!!
 40代の若づくりでやりがちなのが、ギャル風の装い。
 若者かぶれの言葉遣いも危険。
 
歳を聞かれて「いくつに見える?」
 若く見えると思い込んでいる人が口にしがち。
 本当に若い子はこんなことをいわないので、
 年とってることがバレバレ。

しゃべり方と年齢がミスマッチ
 見かけはおばさんなのに、小娘のような甘ったるいしゃべり方。
 かわいさをアピールしてるつもりでも、周囲はドン引き!


・・・など。

今から、気をつけよう!(笑

でも、ギャル風の装いはないな、うん。


この特集の一番最後もおもしろいことが書いてありました。


それ若くないから!!
こんな40代、いるいる~
カン違いNG発言!!

若いと思ってる人がいいがちな失言集。
身に覚えがあったら改めてください!



*ミセス向けの服を見て
『オバサン服って苦手なの』
 オバサン服をやんわりとバカにし、自分はまだ若いのよ、と
 アピールするのがこの発言。
 服の趣味は自由とはいえ、「私は例外」と思い込む必死さに
 まわりは苦笑いしてますヨ!


*どうみても成人なのに・・・・・
『私、子供に見られるんです』
 いわれた人の98%は「どこがっ!?」と
 心で突っ込んでいます。
 

*どんな年の差姉妹だよっ!?
『娘と姉妹に間違えられるの~』
 本気で間違えられた場合、それは
 娘がフケ顔の可能性を疑うべし!
 それ以外は、きっとお世辞です。


*周囲はどん引きの荒技!
『●●さんって、大人っぽいよね』
 誰かをおとしめることによって、
 自分を上げていくという荒技。
 でも、そう思い込んでるのはアナタだけ。
 しかも“大人っぽい”のではなく、立派な大人だということを
 お忘れなく。 


おもしろかったから、

失敗例ばかり、挙げてしまったw

・・・

若づくりに成功してるのは、

清潔感がある人!

服もメークも髪も、ハリとツヤがあって

小ぎれいな人ほど若く見える

・・・

ということです^^




私の周りの40代の方々は、

とても素晴らしい方が多いです。

私って、恵まれてる♪

今の会社の上司の方々。

以前の会社の同じアルバイトだった方々。

お世話になってるお店の方々。

いつも

「私もこんな風になりたいな」

と思ってます☆

色々参考にさせて頂こうと思います^^




私もあと7年で40代に突入します。

すぐよ、すぐッ!!
[PR]
by bairas00 | 2007-09-16 22:54 | 日記


<< forza cafe フォルツ... 山賊 >>