おひな同窓会

今日は、岡山県倉敷市児島の

野崎家旧宅のすぐ近くの

野崎家別邸・たい暇堂で開催されている

「おひな同窓会」へ行ってきました。

県内から児島地区の一般家庭に眠っていた雛人形を、

たい暇堂に持ち寄って40組ほど展示しています。

野崎家旧宅の入場券を持っていれば、こちらは無料で入場できます。

受付の方に

「写真撮影はいいですか?」

と尋ねるとOKでした^^

入り口では、子供くらいの大きさのお人形がお出迎え。
f0108049_1452398.jpg

f0108049_1452574.jpg

居間が百畳って・・・すごい☆
f0108049_14531695.jpg

このような御殿(?)があるお雛様も。私のはなかったです^^;
f0108049_1455236.jpg

↑昭和48年頃のだったと思います。
f0108049_1456855.jpg

こちらは大正時代↓
f0108049_1456372.jpg

婆さん、髪ががっそですな。(がっそ=岡山弁で「乱れている」)
f0108049_14581883.jpg

f0108049_14594757.jpg

f0108049_150275.jpg

こちらは江戸時代末期のお雛様↓
f0108049_151121.jpg

存在感がありますね。さすが!
f0108049_1512547.jpg

f0108049_1514465.jpg

こちらは「雛の“つるし飾り”」↓
f0108049_1532875.jpg

伝統のつるし飾りは、左、右一対で約百個の下げ飾りです。
ひとつが四十九個、そのいわれは、昔は人間五十年といわれ、
女性は男性の五十年より一つひかえて四十九年といわれたことから、
この数になったといわれています。
古くは江戸時代からあり、おばあちゃん達がかわいい孫のために
ありあわせの布で女の子の生活に必要なものを作ったといわれています。
人形類、野菜や果物、動物、花、手毬、これは子孫繁栄。
動植物は動物をいたわり、植物は食べ物に困らないように、
手毬は家族の幸せ、人の輪人生の輪を表わしているといわれいます。



帰りに、かわいい~お土産を買いました^^
f0108049_15141194.jpg

手作りの袴うさぎ。ピンクの着物がかわいい。

お雛様仕様だと、お雛様終わったら、飾れないので・・

これなら年中飾ってもOKでしょう☆彡

後姿もなかなか。
f0108049_15142566.jpg

座布団にも雪うさぎ。
f0108049_15144381.jpg

袴うさぎ2000円、座布団300円です。



たい暇堂を出て、帰り道・・・

「手作りケーキ グラン」を発見!

以前、「ニョッキン7」で紹介された

「お姫様のチーズケーキ(300円)」を購入♪
f0108049_15235573.jpg

濃厚なフランス産チーズを使用した
ベイクド、レア、スフレでもない
まったく別のチーズケーキ・・・だって。

美味い!!マッターリ感が最高~でした☆彡
[PR]
by bairas00 | 2007-02-25 15:29 | 日記


<< 道通宮子供会陽(どうつうぐうこ... 和風中国飯店 Simple(シ... >>