『愛の流刑地』を観に行って来ました☆

試写会を観にいくと、もらえるのが

「試写会参加者特別優待券」。

駅前の岡山メルパ・ジョリーで

1000円で映画を観ることができます。

『愛の流刑地』を観に行って来ました。

試写会へ応募しようかと思ったけど、

「ま、いっか」と応募せず。

でも、ある人のブログで

おもしろかったという記事が載ってたので、

応募すればよかった~と思ってました^^;

映画館は、「ジョリー岡山東宝」。

メルパより、座席がきれい!そしてゆったりしてて、広い!

試写会もこっちでしてくれればいいのに・・

お客さんは、結構年配の夫婦が来てたかな。

この映画は「R-15」指定です。

原作が、渡辺淳一だしね。

まぁ、予想通りっていうか。

私の個人的な感想ですけど、

この映画を男性が観たら、

「女って怖ッ!」って思うかも。

情事の時、

「私を殺してください」

って懇願されたら、引くわな・・

でも、

「わたし、死んでもいいぐらい、幸せです」

っていうのは、何かわかる気がする。
(死んじゃダメだけど)

それくらい、誰かを愛せれるってすごいと思う。

こういう言葉を女性に言わせれた男性もすごいと思う。

ちょっと羨ましい感じもしました。

映画を観てる最中、

共感するところが多かったかも。

平井堅の曲、すごくハマってた。 

♪その手でその手で私を汚して
何度も何度も私を壊して♪

これだけで、どんな映画かわかると思う!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渡辺淳一と言えば、

「失楽園」がブームになりましたね。

当時、付き合ってた彼(←映画大嫌い)に

「『失楽園』一緒に行こうや~」と

誘っても乗り気じゃなかったのに、

「黒木瞳の裸が見れるよ!」

と言うと、

「行く!」

だって^^;

でも、観終わった後、

「自分の嫁さんがあんなんだったら困る・・」と

困惑していました。

ま、死んでしまうのはダメよね。
[PR]
by bairas00 | 2007-01-28 23:07 | 日記


<< 御座候(ござそうろう) 少林寺・ロウバイ >>