蚋って怖い!

遡ること、9日前。。。

朝起きると、

足首の辺りが痒い。

家に常備している市販の痒み止めを塗って

その場をしのぎました。

「蚊に刺されたかな?」

その前日、

国文際のお手伝いで

岡山県総合グラウンドにいたんですけど、

ちょうどその日は、

ちょっと短めのズボンを穿いてまして。

思い当たるのは、その時。

蚊に滅多に刺されないのですが、

刺されても薬を塗っておけば

2~3日で完治してたので、

今回も様子をみておりました。


ところが!


両足首全部で7ヶ所刺されていたのですが、

その刺されたところが、

ぷっくり赤く腫れて

しこりのようになっており、

異常に痒い!!!

仕事中も、

痒さで集中できなくって、

度々、痒み止めを塗りにWCへ駆け込みました。


蚊じゃない?

蚤?

いや、

蚤でもこんなに痒くはならないけどなー

うちの猫には蚤はいない・・はず。


先週の土曜日、

妹と夜ごはんを食べに行ったとき、

「虫に刺されて痒いんよーもう1週間経つのに」

という話をすると、

妹曰く、

「それって、ブユじゃないん?!」

虫に刺された患部を妹に見せると、

「あ!これはブユじゃな!」

とのことw


ブユに刺されたことない私。

帰宅後、

ブユのことを調べてみました。


ブユ
【概要】
カ(蚊)やアブと同じくメスだけが吸血するが、
蚊と違い吸血の際は皮膚を噛み切り吸血するので、
多少の痛みを伴い、中心に赤い出血点や流血、
水ぶくれが現れる。
その際に唾液腺から毒素を注入するため、
吸血直後はそれ程かゆみは感じなくても、
翌日以降に(アレルギー等、体質に大きく関係するが)
患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり
激しい痒みや頭痛、発熱の症状が1~2週間程現れる
(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。
体質や咬まれた部位により腫れが1ヶ月以上
引かないこともままある。
ひどい場合はリンパ管炎やリンパ節炎を併発したり
呼吸困難などで重篤状態に陥ることもある。



症状が同じ^^;


結局、

今週月曜日になっても、

腫れがひかないし、

痒さも全然治まらないので・・・

仕事を早退して皮膚科へ行って来ました!


皮膚科のドクターに、

「多分、ブユだと思うんですけど」

と言うと、

「蚊やネコノミでも同じように痒く腫れることもあります」

とブユとは認めてくれない・・・

とりあえず、

治療方法は、

蚊・ブユ・ネコノミは同じ方法とのことなので、

塗り薬を処方してもらい、

様子をみることに。

あまりにも酷いようなら、

飲み薬も追加で処方します、とのこと。


早速、

月曜日夜から、

皮膚科でもらった塗り薬を塗ってますが・・・

痒い度は、約半分に落ち着き、

腫れも治まってきました。

赤いしこりの跡が残るかと

心配しておりましたが。


でも、

まだお風呂に入ったりすると

患部が痒くなります。

塗り薬が終わる頃には、

治るかなー?


私は、

皮膚科のドクターが何と言おうが、

ブユ

だと思うんですけどね~!



ブユって怖い!

こんなに痒さが長引くとは・・・
[PR]
by bairas00 | 2010-11-17 23:42 | 日記


<< インシテミル 7日間のデス・ゲーム 萬福軒《ふぐの塩ラーメン》 >>