長い夜

7月13日(火)。


「CAFE DI ESPRESSO 珈琲館」で

まったりしていると、

妹から着信アリ。

さらに、妹からメールも。

即、妹に電話すると、

「お母さんが救急車で病院に運ばれた。
もしかしたら、頭を切る手術になるかも」

ビックリして、

即、実家へ向かい、

祖母と妹を車に乗せて、病院へ行きました。


先に、

病院には義父が到着しており、

担当医からの説明を受けているところでした。

私たちも、

途中からですが説明を聞くことに。



診断された病名は、

急性副鼻腔炎、前頭洞炎、急性硬膜外膿瘍

急性副鼻腔炎はかぜにひき続いて、

細菌感染がおこることが主な原因だそうです。

鼻腔(鼻のなかの空間)のまわりにある

空間(顔の骨の中にある空洞)の

副鼻腔にも膿が広がっており、炎症を起こしているそうです。

頬の後ろ[上顎洞(じょうがくどう)]、
両眼の間の部分[篩骨洞(しこつどう)]、
額の部分[前頭洞(ぜんとうどう)]、

に膿が出ているのが確認されており、

緊急手術の可能性もあるという説明でした。

ところが、

母は1週間以上食事を取っていなかったらしく、

体力が低下しており、

手術できる状態ではないということです。

今は、

強めの抗生物質を投与して、

様子を見つつ、

容態が悪くなるようであれば、

手術をする・・・

ということになりました。


もし手術になった場合は、

眉毛のラインで皮膚を切開し、

前頭洞の前壁の骨を開窓し、

外から前頭洞の中を清掃する。

というのが主な内容。

術中・術後に起こりうること、

例えば、

眼球や脳に危険があることなどを説明されました。


この日は、

入院初日で、いつ緊急手術になるかわからない状態だったので、

付き添いで1人病院に泊まってくださいとのことでした。

私と妹の2人で泊まることに。


家族控え室というのがあり、

ソファーベッドで寝ることに。


妹と、

「今夜はいつ呼び出しがあるかわからないから、
寝れるときに早く寝よう」

と話し合い、

23時頃から横になっていました。

が、

不安と緊張と疲労で

なかなか寝れませんでした・・・

寝たのは・・・2時か3時くらいか・・・

その数時間後には、

目が覚めてしまって、

寝た気がしませんでした。


その夜、

呼び出しはなく、

緊急手術はありませんでした。





※大変申し訳ありませんが、この記事に対して、
 コメント不可にしております。
[PR]
by bairas00 | 2010-07-17 23:10 | 日記


<< 萬福軒《萬福風デミカツ丼》 CAFE DI ESPRESS... >>