キリンビアパーク岡山≪工場見学編≫

昨日は、

岡山市東区瀬戸町にある

キリンビール株式会社岡山工場
キリンビアパーク岡山


へ行って来ました☆
f0108049_013161.jpg

f0108049_025966.jpg

こちらを訪れるのは初めてです。
f0108049_04147.jpg
f0108049_041844.jpg





館内入口付近には、

国指定天然記念物「アユモドキ」がいる水槽がありました。
f0108049_095490.jpg

綺麗な水の中で生きる「アユモドキ」は

岡山県吉井川に生息しており、

その吉井川の綺麗な水を使って、

キリンビール岡山工場でビールが作られているそうです。

まずは、

キリンビアパークの紹介映像を見ました。
f0108049_0221241.jpg

キリンビール岡山工場は、

1972年から生産を開始。
f0108049_0284368.jpg

・・・私が生まれる前からですねw

工場の敷地面積は、約37万㎡!

甲子園球場約9個分だそうです☆
f0108049_029544.jpg

日本では、2番目の大きさだそうです。
(1番は横浜工場)

紹介製造を見終わり、

いよいよ、

工場見学となります。

その前に・・・

キリンのマークは有名ですが♪

この中に「キリン」の文字が隠されているとは・・・

初めて知りました^^;

「キ」
f0108049_0292018.jpg

「リ」
f0108049_0293891.jpg

「ン」
f0108049_0295590.jpg

今後、キリンのマークを見たら、

「キリンの文字」チェックをしてしまいそうですw

まず、

[製造工程]から。

原材料が展示してあります。

ビールには欠かせないホップや、大麦など。
f0108049_0282565.jpg

ホップはハーブの一種です。
f0108049_039318.jpg

ホップを割ると、独特の香りがします。

こちらは、仕込釜。
f0108049_0384971.jpg

これは2階から見ているので、

釜の上部のみです。

ビールの製造工程の映像を見ました。
f0108049_0392773.jpg

この後、

麦汁を試飲させていただきました。
f0108049_038732.jpg

麦汁(ばくじゅう)とは、
大麦を原料とするビールの醸造における
糖化過程で生成される液体のこと。
酵母が発酵によってアルコールを
生成するために必要な糖を含んでいる。


最初は甘く、後味に苦味を感じます。

何とも言えない・・・独特のお味でした^^;

2階から見える貯蔵タンク。
f0108049_0421099.jpg

仕込が終わり、発酵させ、

約0℃で低温貯蔵。

この間に、調和のとれた風味と香りが生まれるそうです。

貯蔵タンクの大きさは、

車の大きさと比較してもわかるように、

とても大きいです!

このタンクが、岡山工場には9つもあるそうです。

すごいな~

次に、

黄色いバス・ラガー号に乗り込んで、

移動。
f0108049_04511100.jpg
f0108049_0452664.jpg

先ほどの貯蔵タンク。
f0108049_0454754.jpg

下から見ると、

さらに迫力がありますね!

黄色い箱の中は、回収されたビール瓶。
f0108049_0461744.jpg

トラックの大きさと比べても、

すごい量なのがわかります。

こちらは、

缶詰機。
f0108049_0491762.jpg

日曜日だったので、機械は作動していませんでした。

残念。。。

が、映像で、

作動している様子を見ることができました。
f0108049_0511847.jpg
f0108049_0513959.jpg
f0108049_0515150.jpg

高速で、

ビールが詰められ、

印字・検査に合格したものが、

自動的にケースに詰められていきます。

今回は映像でしたが、

実際に見ると、また迫力がありそうですね^^

以上で、工場見学は終了です。
f0108049_0544192.jpg

再び、黄色いバス・ラガー号に乗り込み、

工場内にある

レストラン「キリン一番館」へ⇒⇒⇒


キリンビアパーク岡山≪試食・懇親会編≫へつづく。。。
[PR]
by bairas00 | 2010-04-27 00:25 | イベント


<< キリンビアパーク岡山≪試食・懇... 萬福軒《黄ニラ入り塩ラーメン(仮)》 >>