◆就職活動まとめ◆

やっと・・・

この記事を書くことが出来る日が来ました。




※長文です※






去年9月末で、退職しました。

自己都合ではありますが、

一応、

“契約期間満了”による退職です。

去年8月末から、

ハローワークへ通い始め、

できれば、

10月から就職できるように、

探していましたが・・・

退職日になっても、就職先は見つからず。

10月以降は、

頻繁にハローワークへ通いました。

求人があれば、すぐ応募しました。

面接もすぐ受けました。

それでも、

数日後には、履歴書と不採用通知が入った封筒が、

ポストに入っていました。

電話が鳴っても、

「今回は残念ですが・・・」

という電話ばかり。

それでも、また、

履歴書を2~3時間かけて書いて、

また、応募して。

その繰り返しです。



親しい方には、求職中であることを

お伝えしておりましたが、

このブログのみを見ていただいてる方には、

「随分、遊んでいるなぁ」

と思われていたことだと思います。

そう思われても仕方がありませんが、

想像以上のストレスが溜まって、

逃げ場がなく、

秋~冬にかけては、

食べ歩きなどをしていました。

もちろん、

その間も就職活動もしていましたし、

パソコン等のスキルアップも

欠かしてはいません。




就職活動中は、

体力的にも精神的にも、

ボロボロでした。

それを、なるべく、

出さないように、出さないように、

心がけていました。

誰かが何とかしてくれる問題ではなく、

自分で何とかしないといけない問題ですから。


こう強気に思っていても、

それでも、

いい結果は得られず。



3分くらいで終わる面接や、

根掘り葉掘り聞かれる面接、

適性検査や作文など、

何をやっても、

結果は不採用。


企業についてもいろいろ研究したし、

履歴書の志望動機なども、

一生懸命考えました。

履歴書に貼る写真も、3回撮り直しました。

職務経歴書も何回も作成し直しました。

ネックは・・・

『34歳』

という年齢だったように思います。

でも、

年齢だけは、どうすることもできないので、

私は、

私なりに、

やるしかないなと思って、

就職活動を続けておりました。



目標は、去年12月までには就職を、

と思っていましたが、

残念ながら、

叶いませんでした。



次に立てた目標は、

誕生日(4月5日)までには就職を。

気を取り直して、

お正月明けからも

就職活動を行っていました。



1月12日で、

雇用保険の支給が終了しました。

この雇用保険の支給も、

本当にわずかで・・・

安心して就職活動できる金額ではありませんでした。

幸い、

私の住んでいる家は、

家賃が不要なので、何とかやってこれました。



雇用保険の支給が終了すると同時に、

アルバイトの面接も受けにいきました。

履歴書と職務経歴書を渡すと、

面接官は、

それらに目を通すこともなく、

「では、来週から来てください」

と言いました。

面接というより、

まるで、

受付でした。

とても情けなくなりました。



アルバイトは、

1月19日から、週4日、17:00~22:00まで。

日中は、

引き続き、

就職活動の時間に充てました。



1月28日、

某会社の面接を受けました。

「明日からでも来週からでも来てほしい」

と言われました。

一瞬、

何のことかわかりませんでした。

翌日も、

他社の面接を控えていて、

その場ですぐ返事をするのを

戸惑い、

「今週中にお返事をさせてください」

と答えました。

面接が終わった後は、

涙が出そうになりました。

やっと、

この辛い就職活動が終わるんだ、と。



1月29日、

某会社にて、面接。

少々、手応えがなかったので、

前日、面接した会社へ行くことを決めて

お返事の電話をしました。

すると、

「採用の結果は10日間待ってください」

・・・?

昨日は、「来てくれ」って言ってたのに?

不審に思って、

ハローワークで調べると、

応募者が増えて、

選考になってしまったそうです。



・・・

やはり、思い切って、

すぐ返事をしておくべきだったと

後悔しました。


後悔している時間も、

もったいない。

返事を待っている間にも、

また、

就職活動を続けていました。



2月3日(火)11:21、

ケータイへ

見知らぬ番号から着信あり。

電話に出ると、

あの面接で手応えがなかった

1月29日に受けた会社でした。

「お願いすることになりました。」

私が一番聞きたかった一言でした。

即、

「ありがとうございます」

と返事をして、

出勤できる日などを相談をしました。



電話を切った後も、

夢の中の話ではないかと思うくらいでした。

その後、

家族や、お世話になった方々に

報告しました。



その日の夜。。。

発熱しました。

今までの疲れが、一気に出たように思います。

翌日(昨日)は、

熱も下がり、元気になりました。



実は、

今まで

自分が何社不採用になったか、

数えていませんでした。

不採用通知や返却された履歴書や

職務経歴書をファイルにどんどん押し込んだままに

していました。

採用されたら、

数えようと思っていました。

昨日の夜、

数えました。



【平成20年9月】
不採用  5社

【平成20年10月】
不採用  7社

【平成20年11月】
不採用  6社

【平成20年12月】
不採用  4社

【平成21年1月】
不採用  6社




就職活動期間157日間のうち、

不採用28社
(書類審査落ち8社含む)
(書類審査通過:面接落ち3社含む)

採用1社

という結果になりました。

私は、

この数字を「恥」だとは思いません。

逆に、

「誇り」だとも思っていません。

『記録』として残しておきたかったので。


仕事が始まって、

辛い時には、

この日記や、

不採用の数字を見て、

その時の辛さを乗り越えようと思います。




2月3日、

「節分」の日に採用の電話を頂きましたが・・・

節分は、各季節の始まりの日
(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。
~フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より~


新しい季節が始まったように

私は思います。



※大変申し訳ありませんが、この記事に対して、
 コメント不可にしております。
[PR]
by bairas00 | 2009-02-06 00:33 | 日記


<< ランチ&喫茶 プロペラス 萬福軒《一期一会》 >>