1月11日 今年いちばん大きな満月

f0108049_23165366.jpg

満月の大きさはいつもおなじというわけではありません。
これは写真をとるとよくわかります。
2009年は、1月11日の満月がいちばん大きい満月で、
7月7日の満月がいちばん小さい満月です。

どうして月の見かけの大きさがかわるかというと、
月が地球のまわりをいっしゅうするとき、
きれいなまん丸ではなく、すこし細長いだ円の形の
とおりみちをとおって回っているからです。
そのため、月と地球のあいだは、
ちかくなったりとおくなったりをくりかえしています。
月と地球がちかいときに満月になると大きく見え、
とおいときに満月になると小さく見えます。
(「Yahoo!きっず星空」より)


夜、マイミクさんから電話。

「今日の月が今年一番大きいんです!!」

大きいったら、大きいんです!(笑

デジカメではこれが限界。。。
[PR]
by bairas00 | 2009-01-11 23:20 | 日記


<< 萬福軒《豚玉ラーメン》 GO BLITHELY(ゴー ... >>